BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > BARACUTA

BARACUTA

バラクータ G-40

バラクータの“幻のモデル”が40年ぶりに完全復刻

スティーヴ・マックィーンを始め、1960年代のハリウッドスター達が愛用していたことでも知られるバラクータのG-9は、世界でもっとも有名なスイングトップといってもいいでしょう。その歴史は1937年まで遡り、英国マンチェスター郊外のコールトン・ストリート工場で、その原型が作られました。表地には撥水加工を施した100%ピュアコットンを使用し、ニット編みのドッグイヤーカラー、袖口と裾のリブ仕様、波型のバックヨーク、ボタン留めしたフラップ付きのポケット、ラグランスリーブ、フレーザータータンの裏地など、今日まで変わることのない完成度の高いデザインです。
ところで、そのG-9に“幻のモデル”が存在したことをご存じでしょうか? 1970年代にG-9の後継モデルとして、ごく僅かな期間生産されていた“幻のモデル”は、パッと見はG-9と変わらないように見えるものの、よく見ると袖口がカフス仕様になっており、裏地がローズタータンと呼ばれるブルーのチェックになっています。その“幻のモデル”を、今春40周年を迎えたシップスが、当時と変わらないデザインで完全復刻。その名も『G-40』と新品番登録され、40周年記念モデルとして発売したのです。昨今のプレッピー、アメカジブームで再び注目されることとなったバラクータは、流行に関係なく着用できる定番アイテム。若者にはもちろんですが、シップス創業時の1970年代に青春を過ごした世代にも、再び袖を通してもらいたいと思うのです。

バラクータ G-40

2015.04.07 UPDATE

 
  • バラクータ G-40 5万円(税抜)
  • お問合せ:シップス 銀座店 TEL.03-3564-5547 ships40th.jp
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS