BALL

1891年創業。当時、オハイオ州で起きた鉄道衝突事故をきっかけに、鉄道員が使用していた時計の精度と使用方法について調査するようウェブスター・C・ボールに依頼し、同氏は鉄道標準時計としての基準と検査システムを考案した。時計の誤差は1週間に30秒以内、文字盤に使用される数字はアラビア数字など、数多くの厳しい条件を満たした時計だけに鉄道時計としての資格を与え、鉄道文化の普及に大きく貢献する。現在は、「過酷な状況下で正確に時を告げる時計」をモットーに、耐磁性、耐衝撃性、防水性、また画期的な夜光システム「マイクロガスライト」を採用する等、屈強なモデルを開発すると共に、COSC認定クロノメーターを取得したモデルも発売するなど、少ない誤差を実現する理想の時計づくりを今なお追求し続けている。

 

BALL(ボール)/アメリカ

http://www.ballwatch.com

 

onlineshop