BAUME & MERCIER

ボーム&メルシェは、1830年、スイスのラ・ショード・フォンでボーム兄弟社として創業されました。エナメルの細密手法で肖像画、宗教画、風景、花などをケースにあしらった懐中時計は、貴族間で富と権力の象徴として好まれ、19世紀後半にはユニバーサル・エキシビション(国際見本市)に出展した作品で金賞を6個も受賞するなど、多くの栄誉と名声を獲得。その後、ボーム家の子孫ウイリアム・ボームと芸術を愛するポール・メルシエの出会いにより、ボーム&メルシエ社と社名を変更し、1920年に新たなスタートが切られました。ボーム&メルシェ、ファブリケーション・ジュネーブの商号を登録するとともに、高品質時計の証として名高いジュネーブ刻印を次々と獲得。現在では、調和と純粋を意味するギリシャ文字のファイ(Φ)のブランドシンボルととともに、価値ある高級時計として世界で多くの人々に愛されています。

 

BAUME & MERCIER(ボーム&メルシェ)/スイス

http://www.baume-et-mercier.com

 

onlineshop