BOQ > 特集
3 / 1112345...10...最後 »
0305_wfg_01

独自の世界観により彩りを添えるWFG マエストロ オーダーサロン

ワールドフットウェアギャラリーの神宮前本店の2階にはオーダーサロンがあることはまだあまり知られていない。2017年1月に本格的にスタートしたWFG マエストロ オーダーサロンには2人の靴職人と1人の鞄職人が手掛ける3ブランドが集結している。 続きを読む

montblanc

モンブランが贈る世界で唯1本の万年筆

日本円で約2億円相当(150万ユーロ)、筆記具で頂点を極めたモンブランの威信をかけた世界限定1本の新作モデル。ホワイトゴールドのボディにダイヤモンドが散りばめられ、まさに“宝飾としての筆記具”と言える輝きを放ちます。 続きを読む

0301_cazal_0

洗練された個性を開花させるカザールの傑作サングラスが登場

カザールのサングラスに大人の装いに華を添えるメタルフレーム2モデルとラウンドフレーム2モデルの計4モデルの新作が追加されました。全体を俯瞰すればカザールの溢れるインスピレーションと華麗なスタイルを知ることができます。 続きを読む

00_00

2018年春夏 メンズシューズカタログ Vol.1

メンズシューズと一言でいっても色とりどり。昨今ではビジネスマンの足元も黒のストレートチップだけでなく多種多様になってきました。本当に自身のスタイルにマッチする靴を探すのは至難の業です。そこでは自分に合った一足に出会うために最旬ブランドの最新モデルをレポートします。 続きを読む

diy4_3

“DO IT YOURSELF” 第4回 時代を映してきたプロダクト「シューケアグッズ」

乳化性のクリームの歴史は以外に浅く、一般に出回りはじめたのは第二次大戦後しばらくしてから。それ以前は油性ワックスか、ダビンと呼ばれるものくらいしか存在しなかったようです。 続きを読む

fibonacci_1

フィボナッチ紳士洋品店 - 下町に店を構える正統派メンズショップ

今年の夏にオープンした「フィボナッチ紳士洋品店」。“洋品店”という言葉が懐かしく思えて、しかも“フィボナッチ”というイタリアのブランドを思わせる和洋折衷な店名に惹かれて取材してきました。 続きを読む

diy3_1

“DO IT YOURSELF” 第3回 革と熱の関係

エナメルなどを除き皮革素材には熱可塑性が備わっているので、熱によってシワをのばしたり造形を定着させる事が可能です。無論素材によって注意が必要なのはいうまでもありませんが、今回紹介する手法でアッパーの見た目の疲労度を軽減させることが可能です。 続きを読む

1102_bally-0

進化するプレミアムなトラディショナル

昨今ではビジネスシーンでのドレスコードも緩和され、独自の美意識でビジネススタイルを選ぶことができるようになりました。現代のビジネスパーソンはコンフォタブルかつ緩すぎないことがビジネスユースに求められます。 続きを読む

4

Shop Around DIETRO LE QUINTE(ディエトロ レ クインテ)

ディエトロ レ クインテとは伊語で“舞台裏”という意味のお店だ。このお店で取り扱っているブランドはナポリの「チェザレ・アットリーニ」。アイテムはスーツとジャケット、パンツを中心にコート、ネクタイなど。もはやアットリーニの専門店と言ってもいい。 続きを読む

1016_diy_1

“DO IT YOURSELF” 第2回 経年変化をポジティブに

今回は明るいアッパーのドレスシューズのリダンとでも言うべきアンティーク仕上げについて、レクチャーしたいと思います。 続きを読む

0930_steve_0

STEVE 2017 AUTUMN & WINTER LOOK BOOK

STEVE 2017 AUTUMN & WINTER LOOK BOOK 私が生まれるかなり前から、メンズクロージングの着こなしは … 続きを読む

0924_belt-and-shoes_0

靴と同じく手を抜いてはいけません! ベルトはスタイリングの要です

体の中心に位置するベルトは、全体の印象を左右する着こなしの重要アイテムです。どこか物足りなかったコーディネイトも、ベルトを変えるだけでガラリと印象が変わります。 続きを読む

3 / 1112345...10...最後 »
 

onlineshop