BOQ > 特集
2 / 1112345...10...最後 »
santari2_01

良靴を追い求める真摯な姿勢が結実したサンタリのメイド・トゥ・オーダー

新進実力派OEM靴工房『タテシューズ』が2018年3月にスタートさせたオリジナルブランド『サンタリ』のファーストコレクション全5モデルを紹介します。 続きを読む

diy_shoes5_01

“DO IT YOURSELF” 第5回 美しいコバはワンランク上の風格

今回はそんな円熟したユーザーの方にもご興味を持って頂けたらと、コバ仕上げに特化した内容で書いてみました。どちらも黒や焦茶のレザーソールの靴に適したやり方なので、ドレッシーな革底の靴でトライしてみて下さい。 続きを読む

gernot-lindner_09

ヴィンテージ眼鏡蒐集の第一人者が作った “最も高級で上品な普通の眼鏡”

一度は引退したものの、誰も成しえなかったスターリングシルバー製の眼鏡フレームを完成させたゲルノット・リンドナー氏のスターリングシルバー製の新コレクション。今回はアイウェア界のレジェンドにお話を伺いました。 続きを読む

0422_tate_0

日本の靴工房の底力を実感できる新ブランドが登場

若き靴職人が靴づくりを生真面目に追求し、今年3月にスタートしたばかりの靴ブランド「サンタリ」。舘さんの誠実でひた向きな人柄を感じ取ることができるこの新ブランドに大変好感をもちました。靴好きなら注目しないわけにはいきません。 続きを読む

vol2_0

2018年春夏 メンズシューズカタログ Vol.2

着こなしを格上げしてくれる注目モデルをブランド別に紹介するメンズシューズ新作レポート第2弾。ドレスからビジカジまで秀逸なモデルが登場しています。おすすめの理由とともにご紹介します。 続きを読む

steve_2018ss_00_0

STEVE 2018 SPRING & SUMMER LOOK BOOK

オーナーの石内氏いわくルカ・ヴェルディッキオの魅力は、ナポリ伝統の素晴らしい技術と丁寧な仕事ながらも”さりげなさ”を追求したスタイルだとか。そのルカ・ヴェルディッキオを中心に、石内氏自身の着こなしで紹介する「スティーヴ 2018春夏のルックブック」が仕上がりました。 続きを読む

jaquet-droz01

世界中のコレクターが憧れる、ジャケ・ドローのオートマタウォッチの魅力

ジャケ・ドローの最新オートマタウォッチ「トロピカル・バード・リピーター」は“熱帯の風景”から着想を得た文字盤の装飾が機械仕掛けでからくり人形のように動くタイムピース。ゴーギャンのエキゾチックな絵画のように別世界へと誘います。 続きを読む

almini02

独自の美学に宿るエレガンス。アルミニの美しき靴たち。

ワールド フットウェア ギャラリー GINZA SIXで開催されたイタリアのシューズブランド「アルミニ」のオーダー会のレポートです。アルミニが採用する謎の製法“アルミニメソッド”を実際に見れるとあって、お話を伺ってみることにしました。 続きを読む

fashionwatch01

シャツを着替える感覚で楽しむ、ミニマムでクリーンなファッションウオッチ

近年はファッションウオッチといいつつも時計として満足の行く品質、デザインを備えた時計が数多くリリースされています。そこで、いま注目したいのが、シーンや年齢を問わず着用できる汎用性を備えた“シンプルデザイン”の時計です。 続きを読む

lamy01

「thinking tools展」で再確認するラミーの魅力

“ラミーデザイン50周年”を迎えた2016年にドイツで開催され、世界巡回展として日本に上陸した「thinking tools展」。ペンのデザインの過程に焦点を当てたユニークな展示はラミーの機能美を再確認することができます。 続きを読む

czapek07

大胆さに秘めた名門の気迫。華麗なダイアルで魅せるチャペックの新作

クラシカルなデザインの高級機械式時計に華麗な色を纏ったハンドメイド・ギョーシェのダイアルを搭載し、ラグジュアリーなファッション性を与えた新鮮なスタイル。この時計は伝説の時計師フランソワ・チャペックの名を冠するCzapek(チャペック)の新コレクションです。 続きを読む

0305_wfg_01

独自の世界観により彩りを添えるWFG マエストロ オーダーサロン

ワールドフットウェアギャラリーの神宮前本店の2階にはオーダーサロンがあることはまだあまり知られていない。2017年1月に本格的にスタートしたWFG マエストロ オーダーサロンには2人の靴職人と1人の鞄職人が手掛ける3ブランドが集結している。 続きを読む

2 / 1112345...10...最後 »
 

onlineshop