BOQ > FORCUS > サンタリ | エレガントな極上スリッポンをお探しならこの1足を

サンタリ | エレガントな極上スリッポンをお探しならこの1足を

サンタリ

 
SANTARI(サンタリ)
エレガントな極上スリッポンをお探しならこの1足を

 
ビジネススタイルのカジュアル化により、多くのシューズブランドがジャケットスタイルの足元に適うセミカジュアルなモデルを強く打ち出していて、とりわけスリッポンの品揃えが目立つようになりました。そこで今回はパターンオーダーのスリッポンをご紹介します。以前このコーナーでサンタリ(2015年に舘篤史氏が台東区にて創業)のパターンオーダーのサイドエラスティックシューズを紹介したことがありましたが、このたび、同ブランドのオーダーメニューにもスリッポンが新たに加わりました。
 
アッパーはスムース、グレイン、スエードから好みの素材・色が選べ、また、底材はレザーソールからダイナイトなどのラバーソールも選択が可能。製法はハンドソーンウェルテッドのほか、マッケイも選べ、さらに特筆すべきは、モカの形状と取り付け方、甲ベルトの形状や窓の形、履き口の仕様やライニングなどといったように、パターンオーダーながら細部の選択肢が多彩なのです。
 
また、木型はというと、歩行中の甲浮きを防ぐべく従来よりも甲をおさえ、カカト付近をタイトにし、内フマズのホールド感が増すよう内と外ヒールで高低差がある、ねじれたような木型設計になっています。ちなみに、この木型は長年にわたる経験をベースに、より多くの人の足に合うよう編み出した形状なのだそうで、扁平足やカカトの骨が内側に倒れている方にも対応できるようになっているそうです。
 
さて、昨今の日本の靴業界はコロナ禍で苦境に陥っていますが、20年ほど前の日本の靴産業は著しく衰退していました。しかし、当時の若手職人たちの研鑽により、世界の靴通をも魅了するまでになりました。いまも日本の靴業界は、小規模な工房や若手職人が現れ、個性を競っている状況です。今後、サンタリをはじめとした日本の靴が、20年前と同じように、現在の逆境から復活することを願うばかりです。
 
 
SANTARI(サンタリ)
マッケイ製法 85,000円〜 ハンドソーンウェルト製法9分仕立て
92,000円~(税別)

 
お問合せ:santari.jp
 
 
 

2020.11.06 UPDATE

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS