BOQ > News > スケルトンとカットワークがスタイリッシュに融合。クロノスイス「スケルテック」が登場

スケルトンとカットワークがスタイリッシュに融合。クロノスイス「スケルテック」が登場

2020年10月27日
フェンディ フロー

スケルトンとカットワークがスタイリッシュに融合
クロノスイス「スケルテック」が登場

スイスの高級機械式時計「クロノスイス(CHRONOSWISS)」は、2020年新作モデル「スケルテック」を10月下旬より全国の正規代理店で発売します。
 
「スケルテック」は、従来の美術工芸的な仕上げのクラシカルなスケルトンウォッチとは趣が異なり、ムーブメントやブリッジなどをスタイリッシュに削ぎ落とし究極のミニマリズムを具現化したモダンスケルトンウォッチといえます。
 

サントーニ

ケースデザインは従来のクロノスイスウォッチに見られる曲線を取り入れたスタイルから、直線を基調としたシャープでマッシブなデザインへと変貌を遂げています。ケースは51個のパーツで構成され、ステンレススチールをベースにサンドブラストマット仕上げを施し、ベゼル、リューズにはDLCブラックコーティング処理が行われています。
 
ムーブメントは新設計のキャリバーC.304を搭載。166個のコンポーネントで構成されるこの手巻きムーブメントは、時計内部に収められたテンプやゼンマイの動きをメカニズム的、また視覚的にも楽しんで鑑賞できるようスケルトン加工を前提に作られたモノブロック構造のムーブメントになっています。
 
 

フェンディ フロー

 
(左)CH3714-BK/SS製ケース 2,300,000円(税別)
(右)CH3715R-BK/SS製ケース+18KRGベゼル 2,600,000円(税別)
ステンレススチール(DLCブラックコーティング)ケース、ケース径45mm、手巻き、パワーリザーブ48時間、各50本限定

 

   
 

onlineshop