BOQ > REVIEW > 定番ローファー バス ウィージャンズの最新形

定番ローファー バス ウィージャンズの最新形

ジーエイチバス

定番ローファー バス ウィージャンズの最新形

ジーエイチバスといえば、ローファーの元祖「ウィージャンズ」を思い浮かべる方も多いでしょう。このウィージャンズには基本デザインが4種あり、甲にスリットが入ったベルトを渡した「ローガン」と「ラーソン」。甲にタッセル(房飾り)がついた「ラーキン」。そして、キルトフリンジの上にタッセルがついた「レイトン」です。現在では様々なバリエーションが展開されているので、今回はその一部を紹介します。
 

ジーエイチバス ローガン

写真上:ガラスレザーのアッパーにシングルレザーソールの定番ローガン。23,000円(税別)
 
「ローガン」は甲ベルトにハーフムーンと呼ばれるスリットがはいったローファーで、このスリットに1セントコイン(ペニー)を挟むことがアイビーリーガーの間でブームになったことから“コインローファー”や“ペニーローファー”などと呼ばれています。
 

ジーエイチバス ラーソン
バス ラーソン ハリスツイード
バス ラーソン ラグソール

同じく甲ベルトがついたタイプの「ラーソン」は、ベルトの両端をロウ引きした麻糸で補強したビーフロールになっています。このビーフロールとは、タコ糸でグルグル巻きにした肉を連想させることから、こう呼ばれるようになったそうです。
 
写真上:ガラスレザーのアッパーにシングルレザーソールの定番ラーソン。23,000円(税別)
写真右:甲部分にハリスツイードを採用したラーソン。23,000円(税別)
写真右下:ストームウェルトにラグソールのラーソン。22,000円(税別)



 

ジーエイチバス ラーキン

写真上:ビジネスシーンでも履くことができる定番ラーキン。23,000円(税別)
 
タッセルローファーの「ラーキン」は、アメリカでは弁護士の靴としても知られ、ローファーの中では最もドレッシーなタイプ。
 

ジーエイチバス レイトン

写真上:ラグソールの「レイトン」はUKストリートスタイルにも好相性。22,000円(税別)
 
そして、キルトフリンジとタッセルを組み合わせた「レイトン」は、タッセルの根革になっている甲ベルトがビーフロールになっていて、それがこの靴をより品あるものにしています。
 

ジーエイチバス ショップ
バス ショップ内観

青山キラー通りにオープンしたジーエイチバスのオンリーショップには、メンズとウィメンズのフルラインが展開され、ここでしか手に入らないモデルも多数取り揃えています。どんなアイテムがあるのか? それを確かめるのは、ショップに足を運んでのお楽しみです。
 

2019.12.25 UPDATE

  • G.H.BASS AOYAMA TOKYO SHOP
  • 東京都渋谷区神宮前3-1-24 ソフトタウン青山1F
  • TEL.03-5843-0777

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS