BOQ > News > ジュリアーノ・マッツォーリのタイムピースに「薄型マノメトロ」が新たに登場

ジュリアーノ・マッツォーリのタイムピースに「薄型マノメトロ」が新たに登場

2019年5月30日
マノメトロ・コンプレスト

ジュリアーノ・マッツォーリのタイムピースに「薄型マノメトロ」が新たに登場

 
イタリア・フィレンツェで筆記具や時計のコレクションを展開する「ジュリアーノ・マッツォーリ(GIULIANO MAZZUOLI)」のタイムピース「マノメトロ(Manometro)」に新作が登場。
 
ブランドのオーナーであり、デザイナーであるジュリアーノ・マッツォーリが、圧力計からインスピレーションを得て、2004年に発表したマノメトロ(イタリア語で圧力計の意)は、ケース径45.2mm、ケース厚14.8mmというスタイルを崩すことなくセメントや大理石などユニークなケース・マテリアル、ダイアルカラーのバリエーションを発表しているブランドの主力アイテムです。
 

マノメトロ・コンプレスト

 
今回の新作は、そんなジュリアーノの暗黙のルールが破られ、ケースの厚みがリューズ径とほぼ同じ9.5mmとなった文字通り、薄型マノメトロ(Manometro Compressed)です。ケースが薄くなったことを除き主なスペックは従来のモデルと変わらず、ポリッシュ仕上げ、ステンレススティール製の大型シリンダー型ケースで、リューズは2時位置、トスカーナで手作業にて製作されたレザーストラップがケースにダイレクトに取り付けられています。
 

Manometro Compressed(マノメトロ・コンプレスト)
自動巻き、約40時間パワーリザーブ、時・分・秒表示、ポリッシュ仕上げのステンレススティールケース、ケースサイズ45.2(径)×9.5(厚)mm、5気圧防水、無反射加工のドーム型サファイア・クリスタル、トスカーナ産ナチュラル・レザーストラップ、アイボリー・ブルー・ホワイトのダイアル3色展開、各330,000円(税別)

 

マノメトロ・コンプレスト

 

マノメトロ・コンプレスト
   
 

onlineshop