BOQ > TOPICS > ファーバーカステル伯爵コレクション×ベントレー ベントレーのディテールを散りばめ…

ファーバーカステル伯爵コレクション×ベントレー ベントレーのディテールを散りばめ…

ベントレーコレクションⅠ

ファーバーカステル伯爵コレクション×ベントレー
ベントレーのディテールを散りばめた筆記具登場

 
ドイツの高級筆記具ブランド「ファーバーカステル伯爵コレクション」が、世界的に名高い高級車メーカー「ベントレー」とコラボレーション。「ベントレーコレクションⅠ」が、11月より全国の百貨店および筆記具専門店で発売されます。

 
現存する世界最古で鉛筆発祥の筆記具メーカー、ファーバーカステル社の最高峰の筆記具ブランド「ファーバーカステル伯爵コレクション」は、その出自を活かしたパーフェクトペンシルや木軸の万年筆をはじめ、最高品質の素材を使用し、伯爵自身のアイディアを具現化したラグジュアリー感漂う筆記具を展開しています。今回発売される「ベントレーコレクションⅠ」は、初となる外部ブランドとのコラボレーションモデル。ブランドの責任者である9代目チャールズ・フォン・ファーバーカステル伯爵と、ベントレー モーターズ社プロダクトデザイナーのクリス・クック氏によってデザインされ、万年筆、ローラーボール、ボールペン、ペンケースが揃います。
 

ベントレーコレクションⅠ

 
ボディにはベントレーの車体のカラーリングから選ばれたシークインブルー、ホワイトサテン、タングステンの3色をラッカーに採用し、何度も塗り重ねて奥行きのある色合いと立体感を表現。ペン胴軸にはベントレーのアイコンであるダイヤモンドパターンを刻み、天冠にはベントレー のロゴである「B」とナーリング(ローレット加工)が施されています。各種パーツにはクロームコーティングを用い、ベントレー車のドアハンドルやマトリックスグリルとの共通点を演出するなど、ペンのデザインには随所にベントレー車両の要素が散りばめられています。

 
このコラボレーションの実現には、職人によるハンドメイド、控えめで気品あふれるデザイン、製品へ天然素材を採用する点など、共通点を持っていることが大きな契機となっています。さらに今後の展開として、2019 年のべントレー モーターズ 100周年の記念モデルなども発表予定となっています。
 

ベントレーコレクションⅠ

 

ベントレーコレクションⅠ

シークインブルー 万年筆(ペン先:EF/F/M/B) 4万8000円(税別)

 

ベントレーコレクションⅠ

タングステン ローラーボール 4万円(税別)

 

ベントレーコレクションⅠ

ホワイトサテン ボールペン 3万5000円(税別)

 

2018.11.05 UPDATE

 
  • お問合せ:ファーバーカステル東京ミッドタウン TEL/FAX 03-5413-0300
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS