BOQ > 特集 > 5 TIPS AUTUMN/WINTER 2018

5 TIPS AUTUMN/WINTER 2018

2018年10月19日

5 TIPS AUTUMN/WINTER 2018

「スティーヴ」から、服選びやコーディネイトのちょっとしたヒントと共に2018年秋冬のルックブックをお届けいたします。

 

スティーヴ01
1.自分の色を見つけよう。
自分に似合う色を一つ見つけるとワードローブ選びは、よりシンプルです。例えばそれがブラウンだとすれば、ブラウンと相性の良い色、グリーン、オレンジ、ベージュなどでコーディネイトを組立てていけば間違いがありません。自分で選ぶワードローブはどうしても同じ色に偏りがちです。少し、そんなことを考えてみましょう。
スティーヴ02
2.定番だけではつまらない。
服を選ぶときに汎用性や耐用年数を第一に考えてしまいがちですが、やはりファツションは常に創造的でありたいもの。どんなものにも合うアイテムは便利ですが平均点のコーディネイトしか出来上がりません。ここは思いきって冒険をしてみましょう。定番的なものと予想外のものとの組み合わせは時にとても素晴らしい効果を生み出します。

 

スティーヴ03
3.ネクタイ選びのコツ。
例えば、赤のジャケットに赤のネクタイ、赤のポケットチーフは良いコーディネイトでしょうか?少し逆に考えてみましょう。ネクタイ選びは、ジャケットやシャツに使われている小さい面積の色を選ぶとより洗練された感じになります。同様にポケットチーフは、ネクタイやシャツに使われている小さい面積の色を取ります。色のコーディネイトは「さりげなさ」がコツ、素晴らしいVゾーンはそんなところから生まれてきます。
スティーヴ04
4.オーダーメイドのススメ。
人の身体は千差万別、既製服では小さな問題が出てくることがよくあります。オーダーメイドは、そんな問題を解決するのにとても有効です。袖を短く、丈を長く、お腹や背中を少し大きく、ズボンを細く、等々、出来上がりはより満足できるものになるでしょう。少し追加の費用が掛かることが多いですが、それに見合う価値は十分にあると思います。

 

スティーヴ05
5.古いアイテムを取り入れましょう。
メンズファツションではクラシックな雰囲気を大切にしたいもの。そんな雰囲気作りのために古いアイテムをコーディネイトに取り入れることをお薦めいたします。アンティークのカフスやブレスレット、時計等々。それが高価なものでなくても新しい服と古いアクセサリーとの組み合わせは新鮮です。お薦めしたいのは、古い生地を使ってのオーダーです。こちらも新しい生地とはまた一味違う雰囲気を味わうことができるでしょう。

 

 

スティーヴ06
LUCA VERDICCHIO スーツ 347,000円
STEFANO BIGI タイ 19,000円

 
男性のスーツ姿はいいものです。特にそれが仕立ての良いものであればなおさらです。
フィレンツェで見つけたヴィンテージファブリックをナポリのルカ・ヴェルディッキオが仕立てました。

 

 

スティーヴ07
LUCA VERDICCHIO ジャケット 326,000円
STEFANO BIGI タイ 16,000円

 
ノーフォークジャケットは都会で着ていても、どこかカントリージェントルマンの雰囲気が漂います。
ミラノで見つけられた生地がナポリへ運ばれて、上着となって東京にやってきました。
ジャケットがその土地の匂いをそのまま運んできています。

 

 

スティーヴ08
LUCA VERDICCHIO ジャケット 308,000円
ATELIER RENARD バッグ 420,000円

 
朝一のミーティングには、ナポリ仕立てのジャケットとパリの手縫いのブリーフケースで臨みます。
これでプレゼンがうまくいけば言うことはないのですが・・
とりあえずファツションではベストを尽くしたと言えるでしょう。

 

 

スティーヴ09
LUCA VERDICCHIO ジャケット 308,000円
FEDELI ニット 44,000円
ROTA SPORT スラックス 39,000円

 
ヴィンテージファブリックのウインドウペインジャケットにはスーパー140のウールニットを合わせます。
少しリラックスしたジャケットスタイルで今晩のイタリアンレストランでの会食の準備も万全です。

 

 

スティーヴ10
SERAPHIN レザーブルゾン 460,000円
PIACENZA マフラー 22,000円
ROTA SPORT スラックス 38,000円

 
ライダースジャケットを着る時には、ハードになり過ぎないように気をつけます。
カシミアシルクのマフラーとコットンストレッチのスラックスで、都会的で柔らかい着こなしになりました。

 

 

スティーヴ11
SERAPHIN レザーブルゾン 480,000円
ROTA スラックス 49,000円

 
革を羽織っているときには布を纏っているときとは、また別の気分になるものです。
そしてその革がパリから届いたものだとまたその気分も格別です。
秋から冬にかけてのサンジェルマン大通りの風景などを思い出しながら少し柔らかな色合いでレザージャケットを着てみました。

 

 

スティーヴ12
CARUSO ジャケット 204,000円
ATELIER RENARD バッグ 360,000円
STEFANO BIGI タイ 19,000円

 
大都会でのオシャレな着こなしに要求されるのは、整った精神状態とこんな洗練されたアウタージャケットです。
ゴビゴールドと命名されたロロ・ピアーナのキャメルヘアーは、軽く暖かく、着る人の心をやさしく包んでけっして離しません。

 

 

スティーヴ13
CARUSO ジャケット 206,000円
STEFANO BIGI タイ 18,000円

 
カルーゾのサファリジャケットは極めて厳格な研究のたまもの。
その機能性、スタイル、着心地、すべてが徹底的な工程によって実現されています。
そして、ロロ・ピアーナのキャメルヘアーが使われて、100%に限りなく近いサファリジャケットが誕生しました。

 

 

スティーヴ14
CARUSO コート 215,000円
FEDELI ニット 68,000円

 
シンプルな着こなしに必要なのは、優れた品質と洗練されたデザインを併せ持ったアイテムです。
例えばこのコート、軽く、柔らかく、スタイリッシュに着る人の身体を包み込みます。
こんなコートが手元にあれば、きっと寒い冬が待ち遠しくなりますよ。

 

 

スティーヴ15
FEDELI ヴェスト 130,000円
FEDELI ニット 51,000円
ROTA スラックス 38,000円
ATELIER RENARD バッグ 490,000円

 
長い撮影もこれが最後のカット。
このままこの格好で車に飛び乗って温泉で一泊、そんな気分の一枚です。
軽く暖かいダウンヴェストにポロニット、そしてお気に入りのハンドメイドのバッグには読みたい本をたくさん詰めて、さぁ、エスケープです。

 
 

※表示価格はすべて税別表記です。

写真:猪又 直之


 

onlineshop