BOQ > News > オメガ バーゼルワールド 2018 発表モデル「スピードマスター CK2998 パルスメーター」

オメガ バーゼルワールド 2018 発表モデル「スピードマスター CK2998 パルスメーター」

2018年7月10日
オメガ スピードマスター CK2998 パルスメーター

オメガ バーゼルワールド 2018 発表モデル
「スピードマスター CK2998 パルスメーター」

 
こちらのニューフェイスのスピードマスターは、オメガが今年のバーゼルワールドで発表し、ブランドの中でも人気のモデルを進化させたモデルとして話題となった新作「スピードマスター CK2998 パルスメーター」です。世界限定2998本の希少モデルとして6月より販売がスタートしました。
 

オメガ スピードマスター CK2998 パルスメーター

 

 
「スピードマスター CK2998」は、1959 年の発売以来、アルファ針、対称的なケース、深いベゼルの色合いなどがウォッチ愛好家の根強い支持も得ながら、スピードマスターのヴィンテージモデルとして君臨し続ける人気モデル。また、1962 年に宇宙飛行士ウォルター・”ウォリー”・シラーがマーキュリー計画「シグマ7」のミッションで身に着けていたことで「宇宙で着用された最初のオメガウォッチ」としても知られています。

 
その有名なモデルにインスピレーションを得た最新のタイムピースは、数々のアイコニックな特徴を引き継ぎながらデザインをモダンにアップデート。さらに、ベゼルにはタキメーターではなく、1分間あたりの脈拍数を測定できるパルスメーターがついたユニークなモデルです。3つのサブダイアル、ミニッツトラック、ベゼルはすべてブラック。ベゼルのパルスメータースケールのホワイトエナメル、また、ブラックのパンチングレザーの内側にはホワイトラバーが配されるなどモノトーンのコントラストが散りばめられ、コンテンポラリーな印象に仕上げられています。
 

オメガ スピードマスター CK2998 パルスメーター

 

シルバーのダイアルは、ポリッシュ-ブラッシュ仕上げのステンレススティール製ケースを引き立てるように軽くサンドブラスト仕上げを施し、ブラックのアルファ針を採用した時針と秒針、サブダイアルのロジウムプレートのアルファ針、鮮やかレッドのクロノグラフ秒針など、数々の美しいパーツがダイアルを飾ります。また、時針、分針、ブラックのインデクスにはスーパールミノヴァ仕上げで暗闇での視認性が高めてあります。

 
 

オメガ スピードマスター CK2998 パルスメーター

 

世界限定 2,998 本のウォッチとして、ケースバックにはシリアルが刻印されているほか、オリジナルのシーホースのエンブレムと「SPEEDMASTER」の文字がデザインされています。また、この限定モデルには「ムーンウォッチ」の歴史に深く根ざしたムーブメント「Cal. 1861」を採用するなど、スピードマスターの伝統を余すところなく受け継いでいます。

 
 
 
スピードマスター CK2998 パルスメーター
リミテッド エディション

Cal.1861 手巻きクロノグラフムーブメント、パワーリザーブ48時間、時・分・秒表示、30分積算計、12時間積算計、30回カウントのパルスメーター、SSケース、ケース径39.70mm、ケース厚14.37mm、サファイアクリスタル製風防ガラス、50m防水、世界限定2998本、2年間の国際保証、62万円(税別)

 
 

オメガ スピードマスター CK2998 パルスメーター
 
  • お問合せ:オメガお客様センター TEL:03-5952-4400
 
 

onlineshop