BOQ > TOPICS > リビング・モティーフで「日本茶」を愉しむためのイベント開催

リビング・モティーフで「日本茶」を愉しむためのイベント開催

リビング・モティーフ

リビング・モティーフで
「日本茶」を愉しむためのイベント開催

 

リビング・モティーフ

 

日本の伝統技術をもつ職人とともに“現代における生活道具”を提案するプロダクトブランド「Sゝゝ[エス]」。そして、茶の文化を継承しながら、“現代における茶の様式”を創造する「茶方會(さぼえ)」。「茶方會」の新たな茶道具の開発にも携わっている「Sゝゝ[エス]」の茶器や菓子器を豊富に取り揃えたイベント『 Sゝゝ[エス] 茶道具展 - 茶の流儀 茶方會 - 』が東京・六本木のライフスタイルショップ、リビング・モティーフで開催中。現代のライフスタイルに馴染む“茶”を愉しむための器としてリビング・モティーフが長年取り扱ってきたラインナップと新商品を一同に取り揃えた「日本茶」にフォーカスしたイベントです。
 
期間中は、会場を2つのエリアにわけて展示。ひとつは蚊帳で空間を仕切られた「茶方會」の世界観を表現した茶房を再現。茶房横のギャラリーエリアでは「Sゝゝ[エス]」が手掛けるプロダクトが並びます。茶器や菓子器のほか、季節限定の茶葉や菓子なども販売されます。

 
 

茶方會のガラスの冷茶器

 

注目は、今秋発売予定で、初披露される「茶方會」のガラスの冷茶器。ステムの付いた美しいシルエットは斬新ながら、茶葉の製法によって異なる奥深い味わいを堪能できるグラスに仕上げられています。玉露、煎茶、番茶、ブレンド茶などの用途別に4種類のデザインが展開されています。期間中は先行予約も受け付けています。
 
「Sゝゝ[エス]」からも玉露を淹れるための機能と造形の美しさを追求した磁器の茶器「宝瓶」や、急須の産地として名高い常滑で製作した「一文字急須」「平急須」、茶の香りがより際立つよう細長い形状に仕上げた「細長湯呑み」などの茶器を中心に取り揃えられています。
 
この機会に、どんなテーブルにも似合い、少し優雅に日本茶を愉しめる、そんな新しい茶器を買いそろえてみてはいかがでしょうか。

 

リビング・モティーフ

 
 

Sゝゝ[エス] 茶道具展 - 茶の流儀 茶方會 -
■期間:2018年6月8日(金)~ 7月11日(水)
■場所:リビング・モティーフ 1F

 
※6月30日(土)は、「Sゝゝ[エス」]の茶道具で玉露と和菓子を味わう、「茶方會」ならではの愉しみ方を体験できる「茶方會の茶を愉しむ会」も開催。詳しくは公式ホームページで確認できます。 www.livingmotif.com
 
 

茶方會の茶を愉しむ会

 

茶方會の茶を愉しむ会

2018.06.19 UPDATE

   

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS