BOQ > 特集 > モンブランが贈る世界で唯1本の万年筆

モンブランが贈る世界で唯1本の万年筆

2018年3月2日

モンブラン ハイアーティストリー ヘリテイジ メタモルフォシス
 

モンブランが贈る世界で唯1本の万年筆

日本円で約2億円相当(150万ユーロ)、筆記具で頂点を極めたモンブランの威信をかけた世界限定1本の新作モデル。それが「モンブラン ハイアーティストリー ヘリテイジ メタモルフォシス リミテッドエディション1」です。ホワイトゴールドのボディにダイヤモンドが散りばめられ、まさに“宝飾としての筆記具”と言える輝きを放ちます。
 
そのモチーフとなったのは、古来より「執筆」という創造行為のメタファーであり続けた蜘蛛。万年筆全体にクモの巣のようなデザインが施され、キャップにも立体的な蜘蛛が鎮座しています。
 

モンブラン ハイアーティストリー ヘリテイジ メタモルフォシス

 
 

ダイヤモンドと職人技でクモの巣を表現

 
この万年筆は最先端のツールでカットされたダイヤモンドを、複雑きわまる彫金技法やペン先製作などの熟練のテクニックと組み合わせて製作され、ヨーロッパ工芸の粋をひとつの“芸術作品”として昇華しています。Au750ホワイドゴールドのスケルトン構造のボディとキャップは、繊細なクモの巣の美しさを写し取ったもので、すべて手作業で彫刻され磨かれています。また計13カラットのフルパヴェダイヤモンドが有機的なパターンで絡みつくボディのキャップには、ペアカットダイヤモンド(約0.62 ct D / F)で作られた蜘蛛が飾られ、その脚にはさらに16個のダイヤモンドがセット。トリプルクロージャーシステムにより取り外しが可能で、ブレスレットやブローチとして着用することも可能です。
 

モンブラン ハイアーティストリー ヘリテイジ メタモルフォシス

キャップトップにも蜘蛛がセットされており、その胴体には5カラットを超える大粒なブリリアントカットダイヤモンド(5.25 cts.D/FL)が燦然と光を放ち、さらにそのふたつの目もブリリアンドカットダイヤモンドがあしらわれています。クリップ先端にはバゲットカットダイヤモンドがはめこまれ、Au750ソリッドホワイトゴールドのペン先は、精緻に彫りこまれたクモの巣のエングレービングと、2粒のブリリアントカットダイヤモンドで仕上げられています。

 
 
 
 

モンブラン ハンブルク旧社屋

 

モンブラン ハンブルク旧社屋 製造風景

1906年にドイツのハンブルクで創業して以来、画期的な技術で筆記文化に革命を挑み続けたモンブランは、古代ギリシャより繰り返し文学に登場するモチーフである、この魅惑的な蜘蛛に敬意を払い、1920年代にはアーティスティックなマスターピースを発表しています。上の写真は当時のハンブルクの社屋と製作風景。
 
 

お問合せ: モンブラン コンタクトセンター TEL.0120-39-4810

 


 

onlineshop