BOQ > TOPICS > 世界のカバン博物館で企画展「2018 モチハコブカタチ展」を開催中

世界のカバン博物館で企画展「2018 モチハコブカタチ展」を開催中

世界のカバン博物館

世界のカバン博物館で企画展
「2018 モチハコブカタチ展」を開催中

 
エースの創業者・新川柳作氏がカバンを天職として生業を営んできた感謝の気持ちを込めて、1975年に開館した「世界のカバン博物館」。2010年には創業70周年記念事業の一環としてリニューアルをし、現在では世界約50カ国から集めた550点余りの珍しいカバンや、著名人から寄贈されたカバンが収蔵・展示されています。
さらに古代から現代までのカバンの変遷やスーツケースの製造工程、カバンの素材・パーツの名称からお手入れ方法まで豊富なコンテンツを展示。ビューラウンジからは東京スカイツリーを一望もでき、浅草の人気観光スポットの一つとなっています。

 

2018 モチハコブカタチ展

その「世界のカバン博物館」で「2018 モチハコブカタチ展」が開催されています。この特別展は、2011年に開催された東京藝術大学とエース株式会社の共同プロジェクトとなる「モチハコブカタチ」をきっかけとして今回で6回目となります。
 
2018年は「未来のカバン」をテーマとして、東京藝術大学美術学部デザイン科1年生44名が未来の生活やライフスタイルをイメージした“モチハコブカタチ”をデザイン。2020年を意識したスポーティブなライフスタイルをはじめ、様々な「未来のカバン」の世界と出会うことができる作品展になっています。
 
 
 
2018 モチハコブカタチ展
■会期: 1月30日(火)~3月10日(土) ※日曜日・祭日は休館日
■会場: 世界のカバン博物館 7階、8階 ※受付は1階
東京都台東区駒形1-8-10 エース株式会社 東京店内
■開館時間: 10時~16時半 ※入館は 16 時まで
※入館料無料
www.ace.jp/museum

 

世界のカバン博物館

2018.02.07 UPDATE

 
  • お問合せ:エース TEL.03-5843-0606
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS