BOQ > News > 世界のカバン博物館で企画展「2018 モチハコブカタチ展」を開催中

世界のカバン博物館で企画展「2018 モチハコブカタチ展」を開催中

2018年2月7日
世界のカバン博物館

世界のカバン博物館で企画展
「2018 モチハコブカタチ展」を開催中

 
エースの創業者・新川柳作氏がカバンを天職として生業を営んできた感謝の気持ちを込めて、1975年に開館した「世界のカバン博物館」。2010年には創業70周年記念事業の一環としてリニューアルをし、現在では世界約50カ国から集めた550点余りの珍しいカバンや、著名人から寄贈されたカバンが収蔵・展示されています。
さらに古代から現代までのカバンの変遷やスーツケースの製造工程、カバンの素材・パーツの名称からお手入れ方法まで豊富なコンテンツを展示。ビューラウンジからは東京スカイツリーを一望もでき、浅草の人気観光スポットの一つとなっています。

 

2018 モチハコブカタチ展

その「世界のカバン博物館」で「2018 モチハコブカタチ展」が開催されています。この特別展は、2011年に開催された東京藝術大学とエース株式会社の共同プロジェクトとなる「モチハコブカタチ」をきっかけとして今回で6回目となります。
 
2018年は「未来のカバン」をテーマとして、東京藝術大学美術学部デザイン科1年生44名が未来の生活やライフスタイルをイメージした“モチハコブカタチ”をデザイン。2020年を意識したスポーティブなライフスタイルをはじめ、様々な「未来のカバン」の世界と出会うことができる作品展になっています。
 
 
 
2018 モチハコブカタチ展
■会期: 1月30日(火)~3月10日(土) ※日曜日・祭日は休館日
■会場: 世界のカバン博物館 7階、8階 ※受付は1階
東京都台東区駒形1-8-10 エース株式会社 東京店内
■開館時間: 10時~16時半 ※入館は 16 時まで
※入館料無料
www.ace.jp/museum

 

世界のカバン博物館
 
  • お問合せ:エース TEL.03-5843-0606
 
 

onlineshop