BOQ > News > 濃紺の控えめなトーンが美しい、本格機械式時計「セイコー プレザージュ」

濃紺の控えめなトーンが美しい、本格機械式時計「セイコー プレザージュ」

2017年12月19日
セイコー プレザージュ

濃紺の控えめなトーンが美しい
本格機械式時計「セイコー プレザージュ」

「セイコー プレザージュ」は100年を超えるセイコーの機械式時計作りの伝統とノウハウを受け継ぎながら、日常生活での実用性と安定した精度を高める独自開発の「トライマチック」を標準装備したメイド・イン・ジャパンの機械式ウオッチブランドです。日本の伝統工芸をとり入れたプレステージラインを頂点に、幅広いラインアップで2016年からグローバル展開を開始し、海外でも高い評価を得ています。
 

セイコー プレザージュ

 

その「セイコー プレザージュ」から、クラシックな中に、濃紺のダイヤルがモダンな印象を与えながらも控えめな雰囲気も添えた、気品ある仕上がりの新作ウォッチが登場します。
 
月見、雪見、花見など日本の情緒に着想を得てデザインされたこの新作は、腕時計を冬の月夜に見立て、無限に広がる夜空を濃紺の琺瑯(ほうろう)ダイヤルで表現するとともに、静かに浮かぶ三日月を秒針で演出。繊細な書体のローマ数字のインデックスは、1895年に生まれたセイコー初の歴史的な懐中時計「タイムキーパー」をモチーフとしています。また、濃紺に染め上げたオイルマット仕上げのクロコダイル・ストラップが、ダイヤルの表情と美しく調和しています。

 
 
なおこのダイヤルの琺瑯は日本有数の職人、横澤 満氏が手がけたもので、濃紺の釉薬は白色の釉薬よりも粘り気が強いため平滑に焼成すること難しく、横澤氏の長年のノウハウが不可欠となる難易度の高いダイヤルとなっています。

 

セイコー プレザージュ

 
この新作は12月28日(木)より、セイコーブティックおよび全国のセイコーウオッチサロンで発売されます。

 
 
セイコー プレザージュ
セイコーブティック、セイコーウオッチサロン専用 青琺瑯モデル

品番SARX053、自動巻(手巻つき)、約50時間パワーリザーブ、時分秒表示、日付表示、SSケース、ケース径40.5mm、ケース厚12.4mm、デュアルカーブサファイアガラス風防、シースルー・スクリューバック、10気圧防水、耐磁時計(JIS耐磁時計1種)、メーカー保証期間1年間、10万円(税別)

   
 

onlineshop