BOQ > News > 靴職人「三澤則行」の作品がアートの本場ニューヨークで大反響

靴職人「三澤則行」の作品がアートの本場ニューヨークで大反響

2017年12月6日
三澤則行 ニューヨーク個展

靴職人「三澤則行」の作品が
アートの本場ニューヨークで大反響

 
ハリウッドスターや映画監督を顧客に持つ靴職人、三澤則行氏。同氏は11月7日(火)から12日(日)まで、アート最先端の地・ニューヨークで個展を開催。靴のアート作品を発表し大きな反響を呼びました。
 
この個展は世界中のアーティストの憧れの地、ニューヨーク・チェルシーに位置するギャラリー「ROGUE SPACE CHELSEA(508-526 West 26th Street, 9E-9F, New York )」で開催され、従来のアート作品に加え、「日本の美」をテーマとする新作2点も展示されました。
 
 

Noriyuki Misawa 作品

 
作品には皮革工芸の大家から受け継いだ金箔の伝統工芸技術を駆使して半年以上をかけて製作されたものも披露されました。ヨーロッパに起源を持つ革靴が日本の美・伝統技法によって昇華されたこの “アート靴”を通して、靴の芸術面における可能性と新たな価値、靴職人「三澤則行」の世界観を十分に印象づけたと言えます。
 
 

三澤則行 ニューヨーク個展

ギャラリービルの9階での開催ながら期間中は、反響が反響を呼び、オープニングレセプションでは開始わずか30分でウェルカムドリンクがなくなるという盛況ぶり。

 
 

三澤則行 ニューヨーク個展

「靴のアート作品の展示は初めて。十分アートと呼べる」 作品のストレートな感想を述べるニューヨークギャラリーの来場者からは一様に高い評価を受け、三澤氏のアート活動の継続を押す声も多く聞かれたという。

 
 

三澤則行 ニューヨーク個展

ニューヨーク州立ファッション工科大学(Fashion Institute of Technology)の大学関係者、教授からは「近い将来、私たちの大学でもぜひ指導してほしい」との強い要望も。写真中央が三澤則行氏。

 
 
今回の大きな反響を受けた三澤氏は、「目の肥えたニューヨークの方々に評価され、私の作品がアートとして受け入れられたことを大変嬉しく思います。今後も靴とアート靴どちらもより良い作品を作り、世界に向けて発表し続けていきます」とコメントしました。
 
 

Noriyuki Misawa 作品

 

三澤則行 ニューヨーク個展

 
 

BOQでの三澤氏の記事はコチラ

 

   
 

onlineshop