BOQ > TOPICS > 靴職人「三澤則行」の作品がアートの本場ニューヨークで大反響

靴職人「三澤則行」の作品がアートの本場ニューヨークで大反響

三澤則行 ニューヨーク個展

靴職人「三澤則行」の作品が
アートの本場ニューヨークで大反響

 
ハリウッドスターや映画監督を顧客に持つ靴職人、三澤則行氏。同氏は11月7日(火)から12日(日)まで、アート最先端の地・ニューヨークで個展を開催。靴のアート作品を発表し大きな反響を呼びました。
 
この個展は世界中のアーティストの憧れの地、ニューヨーク・チェルシーに位置するギャラリー「ROGUE SPACE CHELSEA(508-526 West 26th Street, 9E-9F, New York )」で開催され、従来のアート作品に加え、「日本の美」をテーマとする新作2点も展示されました。
 
 

Noriyuki Misawa 作品

 
作品には皮革工芸の大家から受け継いだ金箔の伝統工芸技術を駆使して半年以上をかけて製作されたものも披露されました。ヨーロッパに起源を持つ革靴が日本の美・伝統技法によって昇華されたこの “アート靴”を通して、靴の芸術面における可能性と新たな価値、靴職人「三澤則行」の世界観を十分に印象づけたと言えます。
 
 

三澤則行 ニューヨーク個展

ギャラリービルの9階での開催ながら期間中は、反響が反響を呼び、オープニングレセプションでは開始わずか30分でウェルカムドリンクがなくなるという盛況ぶり。

 
 

三澤則行 ニューヨーク個展

「靴のアート作品の展示は初めて。十分アートと呼べる」 作品のストレートな感想を述べるニューヨークギャラリーの来場者からは一様に高い評価を受け、三澤氏のアート活動の継続を押す声も多く聞かれたという。

 
 

三澤則行 ニューヨーク個展

ニューヨーク州立ファッション工科大学(Fashion Institute of Technology)の大学関係者、教授からは「近い将来、私たちの大学でもぜひ指導してほしい」との強い要望も。写真中央が三澤則行氏。

 
 
今回の大きな反響を受けた三澤氏は、「目の肥えたニューヨークの方々に評価され、私の作品がアートとして受け入れられたことを大変嬉しく思います。今後も靴とアート靴どちらもより良い作品を作り、世界に向けて発表し続けていきます」とコメントしました。
 
 

Noriyuki Misawa 作品

 

三澤則行 ニューヨーク個展

 
 

BOQでの三澤氏の記事はコチラ

 

2017.12.06 UPDATE

   

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS