BOQ > TOPICS > リビング・モティーフでポスタルコのイベント「水たまりの中を泳ぐ」開催

リビング・モティーフでポスタルコのイベント「水たまりの中を泳ぐ」開催

水たまりの中を泳ぐ – ポスタルコの問いかけから始まるものづくり

リビング・モティーフでポスタルコのイベント
「水たまりの中を泳ぐ」開催

 
東京・六本木のライフスタイルショップ「リビング・モティーフ」では、プロダクトブランド「ポスタルコ」の活動当初からの痕跡をまとめた書籍「水たまりの中を泳ぐ – ポスタルコの問いかけから始まるものづくり」の発売を開始。同時に10月3日(火)から11月5日(日)まで、ポスタルコの本づくりやさまざまな活動を展示したイベントが開催されます。
 
ポスタルコは、ともにデザイナーのマイク・エーブルソン氏とエーブルソン・友理氏のふたりが手掛けるステーショナリーを中心とした身の回りのアイテムを展開するブランド。機能的で丈夫、使うほどに愛着が湧くクラシックベースのデザインが多くの人を魅了しています。
 

ポスタルコ 水たまりの中を泳ぐ イベント

 
書籍のタイトル「水たまりの中を泳ぐ」とは、ひょっとすると水たまりの中を泳げるかもしれない……そんな問いかけが発見を生み、ときには商品にもなっていることをあらわす言葉。イベントはまるでその本の中を歩き、体験できるようなユニークな展覧会です。また10月20日(金)には、デザイナー両氏のトークイベントも開催されます。
 
 
”水たまりの中を泳ぐ – ポスタルコの問いかけから始まるものづくり”展覧会 
■期間: 10月3日(火)~11月5日(日)
■会場: リビング・モティーフ1F

 
”マイク・エーブルソン×エーブルソン 友理” トークイベント 
■日時: 10月20日(金)19:00~20:30 開場18:30
※トークの後は1F展示会場にて懇親会も行なわれます。
■会場: アクシスギャラリー(アクシスビル4F)
■参加費: 1,000円 
■定員: 100名
※申込方法: コチラのページからお申し込みください。 http://postalco.peatix.com

 

ポスタルコ

(写真左)圧縮コットンとキップレザーで作られたシンプルなカードケース。テント地を作る機械でプレスした圧縮コットンは程よく色があせて手に馴染んでくるのが特徴。1万2000円(税別)、(写真右)橋梁の構造から発想されたバッグ。内部に張られた吊り橋状のストラップが耐久性を強化。素材はハンマーナイロンとコブ牛革。4万3000円(税別)

 

ポスタルコ

(写真左)フラットウォレットという名のシンプルなカードケース。フロントはクロス、背面とライニングはレザーのコンビ仕様。1万5000円(税別)、(写真右)工具入れのように間口が大きく開いて安定し、いろいろな道具を詰め込んでスマートに携行できるペンケース。圧縮コットンとキップレザー製。2万円(税別)

2017.10.05 UPDATE

    

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS