BOQ > FORCUS > WE LOVE SHOES Vol.2 SANTONI

WE LOVE SHOES Vol.2 SANTONI

クラシックでありながら同時にスポーティーなサントーニ

1977年、イタリア、マセラータ地方コリドーナで、靴職人アンドレア・サントーニ氏によって創業したサントーニが、日本に本格上陸を果たしたのは1994年のこと。クラシコ・イタリアブームも重なり、その存在が注目されるようになりました。特徴としては色彩に富んだクラシコブランド、トレンディーなカジュアルブランド、レザースニーカーブームの火付け役など、様々なカテゴリー、テイストを自在に操ることが出来るブランドです。さらに、サントーニが採用している製法は、主なものだけでも10種類以上。自社でこれだけの製法をこなせるシューメーカーは世界中探しても、サントーニ以外には存在しないはず。2014年よりバッグとスモールレザーグッズもスタートし、益々、守備範囲が広がったサントーニの2015年春夏コレクションに注目です。

 

santoni
13907
昨春大ヒットしたダブルモンクスリッポン「カルロス」の進化形。ブラウン×ブラックのイントレチャート(編み革)を採用したスポーティーなモデル。10万円(税抜・参考商品)

 

 

santoni
13661
グルカサンダルは大人サンダルの決定版。トングサンダルのように踵浮きせず、足をしっかりホールドしてくれるので履き心地は軽快です。9万2000円(税抜・参考商品)

 

 

a.testoni M12381UDG
14149
柔らかなディアスキン製のエスパドリーユ。ジュートをあしらったラバーソールは柔軟性に優れ、素足でも快適な履き心地が体感できます。6万8000円(税抜・参考商品)

 

 

a.testoni M40277TNG
13877
上質なシュリンクレザーを採用した今季注目のスリッポンタイプのスニーカー。アンライニングで足馴染みの良い柔らかな履き心地。 6万円(税抜・参考商品)

 

 

a.testoni M40277TNG
ブリーフケース
クロコ柄を型押ししたディアスキンに、アンティーク風のハンドペイントを施したブリーフケース。たっぷりマチを取っているのでオーバーナイトとしても。17万円(税抜・参考商品)

 

 

a.testoni M40277TNG
クラッチバッグ
同素材を採用したクラッチバッグ。見た目のゴージャスさからは想像できないソフトな感触で、体に触れても違和感がなく、心地よく携帯できます。11万円(税抜)

 

 

a.testoni M40277TNG
2つ折り財布
こちらも同素材を採用した2つ折りウォレット。セクシーな見た目とは裏腹に、手に触れるとフワッとした柔らかい感触が大変魅力的です。4万3000円(税抜)

 

お問合せ:レスパース東京店 TEL.03-3535-4866

2015.04.08 UPDATE

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS