BOQ > 未分類 > お手入れや修理のプロフェッショナルショップ

お手入れや修理のプロフェッショナルショップ

連載特集・目次 1234

良いものを長く大切に使うための、お手入れや修理のプロフェッショナルショップ

近年、私たち日本人のモノに対する意識に変化が現われてきました。多種多様なケア商品が出回り、メンテのハウツーが広く知られるようになって、手入れを繰り返しながら末長く使い続けることが文化として定着してきたのです。
また、それにつれて修理のプロたちの技術やサービスも深化し、修理店には、より専門性を高めたり、独自のメニューを提供するなどして差別化を図るショップが見受けられるように。そこで、ここではそうしたなかから、とりわけモノ好きやファッション好きに熱心に支持されている人気修理店を厳選し、それぞれの個性を浮き彫りにしていきます。

 

第4回 銀座のボタン専門店ミタケボタン

服は、どんなボタンが付いているかで印象が変わってしまいます。「最近は、初めから付いているボタンを無闇にありがたがる向きが強いのですが、それまでとは違うボタンに付け替えてみるのも楽しいですよ」と語るのは、東京・銀座でボタン専門店「ミタケボタン」を営む三代目にして、ボタンのコンシェルジュたる“ボタンニスト”小堀孝司さんです。同店の創業は戦後間もない… 続きを読む→

ミタケボタン

 

第3回 ビジネス街の時計修理店 石國商店 大手町店

ビジネスマンの街で、高級ブランド店が集まる東京・大手町の「大手町ビルヂング」地下1階に「石國商店 大手町店」はあります。石國商店は1920(大正9)年、東京・東駒形で創業した日本最も古い歴史をもつ時計ベルト・メーカーです。国内・外の名だたる時計ブランドや時計ベルト・メーカーの製品を手掛け、全国の一流百貨店や時計店と広く取り引きし、「ポニー」などのハウス… 続きを読む→

石國商店

 

第2回 謳うは「ファッション修理店」GMTファクトリー

小田急線代々木上原駅の改札を出て、直進するとすぐ、右手にガラス越しに工房の様子がうかがえるリフォームショップを発見します。ここが、高架下の駅直結型ショッピングモール「代々木アコルデ」内に2011年6月、同モールと同時オープンしたファッション修理店「GMTファクトリー」。トリッカーズやビルケンシュトック、アイランド スリッパといった人気シューズブランドを… 続きを読む→

GMTファクトリー

 

第1回 腕利きお直し店サルトの斬新な取り組み

服のリフォームショップは多々あれど、ファッションに熟知し、トレンドの提案もできるショップは多くありません。銀座店など直営4店舗を展開するサルトは、そうした数少ないショップの先駆けです。オーナーの檀 正也さんはアパレルメーカーを退職後、お直しの世界に入り、「服のリフォームを若い人たちの憧れの職業に」と「ヨーロッパのように、良いものを大切に使い続ける文化を… 続きを読む→

サルト工房写真

 

連載特集・目次 1234

文:山田 純貴

2014.12.07 UPDATE

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS