BOQ > 特集 > 大人の服の魅力と目利きオーナーに出会えるセレクトショップ

大人の服の魅力と目利きオーナーに出会えるセレクトショップ

2014年10月11日

大人の服の魅力と目利きオーナーに出会えるセレクトショップ

2005年8月に表参道・青山学院近くにオープンしたスティーヴ。オーナーの石内さんが“今流行っているものを着るのではなく、自分が着たい旬なもの”にこだわって、大人のためのベーシックスタイルを提案し続けて9年。「ここに来れば、ライフスタイルを彩る上質な服に必ず出合うことができる」と全国から信頼を寄せられるセレクトショップだ。
ここでは石内さんにファッションやビジネスへのこだわりについて聴くとともに、今季スティーヴで提案するアイテムを自身の着こなしとともに紹介してもらった。

 

STEVE STYLE OF SELECTION

 

スティーヴ スナップ1
 
LUCA VERDICCHIO ノーフォークジャケット 337,000円
 
フィレンツェでヴィンテージファブリックを見つけたのが今年の1月、それをナポリのルカベルディッキオに送り、9月に届いたジャケットを着てわたしが表参道を歩く… なかなか感慨深いものがあります。緑のシャギーツィードが街並みにうまく溶け込んでいます。

 

スティーヴ スナップ2
 
LUCA VERDICCHIO プルオーバージャケット 289,000円
ROTA ウールスラックス 59,000円

 
ルカベルディッキオのジャケットにロータのスラックス、ルカベルディッキオのシャツにニッキーのネクタイ、わたしの定番の組み合わせです。それぞれの素材や形が少しずつ個性的なので、全体の印象も少しだけ違った印象に仕上がります。この少しの違いがとても大切なのです。

 

スティーヴ スナップ3
 
LUCA VERDICCHIO テーラードジャケット 255,000円
ROTA コットンスラックス 37,000円

 
ボトムをコットンに替えれば、スポーティーなスタイルになるのがジャケットスタイルの便利なところ。シャツは、ボタンダウンではなくあえてレギュラーカラーで。決め過ぎないですこし力を抜くのが秘訣です。

 

スティーヴ スナップ4
 
LUCA VERDICCHIO フランネルスーツ 298,000円
NICKY ウールモヘヤタイ 19,000円

 
ネイビースーツにホワイトシャツとレジメンタルタイの定番スタイル。ただ、ウールフラノのスーツ、コットンガーゼのシャツ、ウールモヘヤのタイとそれぞれの素材を少しずつ個性的なものにしてみました。大人のトラッドスタイルです。

 

スティーヴ スナップ5
 
K. ステンカラーコート 220,000円
 
カッパプントのステンカラーコートはリバーシブル、ウールツイルとカシミアの両素材が楽しめます。今シーズンからモデルチェンジをして、よりスタイリッシュな印象です。このコートのシルエットの美しさには、ほんとうに参ってしまいます。

 

スティーヴ スナップ6
 
LUCA VERDICCHIO チェスターフィールドコート 380,000円
 
ドレスコートのモデルですが、ポケットをあえてパッチポケットにしてみました。素材はヴィンテージツィード。ドレスウェアは少し力を抜いて、カジュアルウェアには高級素材を、そんな考え方がスティーヴのスタイルです。それにしてもナポリ独特のポケットの形は魅力的ですね。

 

スティーヴ スナップ7
 
SERAPHIN フーデットパーカー 540,000円
FEDELI カシミアニット 60,000円

 
クロコダイルレザーとオポッサムファーをあしらったセラファンのパーカーは、存在感バツグン。これだけの高級素材を使いながら、嫌味にならないのがこのモデルの魅力でしょうか。そして、どんなスタイルにもコーディネイトが出来て、素晴らしい効果を発揮する… 名品です。

 

スティーヴ スナップ8
 
FEDELI タートルネックセーター 70,000円
 
フェデリのセーターは、もちろんカシミアも素晴らしいですが、このウール・ヤク素材も本当に気に入っています。発色が素晴らしく、着心地は柔らかく暖かい。このセーターの色の素晴らしいこと… 思わずニンマリしてしまいます。

 

スティーヴ スナップ9
 
SERAPHIN レザーブルゾン 340,000円
FEDELI カシミアカーディガン 120,000円
ROTA ウールチェックスラックス 59,000円

 
しなやかなラムレザーブルゾンに柔らかいカシミアカーディガン、そして少しはりのあるヴァージンウールスラックス。この組み合わせは、まさに至福のひと時です。もう、仕事なんて放り出してこのままドライブにでも行きたいような気分にさせてくれるちょっと危険なスタイルです。

 
 

※表示価格はすべて消費税別の価格です。

OWNER’S PHILOSOPHY

 

BOQ:お店を始めるきっかけは、「こんなお店があったらいいな」というオーナーの思いからスタートするのだと思います。スティーヴはどんなお店を目指してスタートしたのですか。

石内:世界に一軒しかないような小さくて個性的な店をやりたくてスティーヴを始めました。
東京は、世界有数の大都市ですが、そこにある店がみんな似通ってきているように感じていたので…。ただ、一部のお金持ちだけを相手にするようなスノッブな店にはしたくはなくて、普通の方がちょっと背伸びをすれば通える店にしたいと考えていました。
そのためには出来るだけ安く商品を仕入れなくてはならない。出した結論が自分で海外のメーカーから直接商品を仕入れる今のやり方です。もちろん海外旅行が大好きということもありましたが…
販売の仕方も出来るだけ対面販売を大切にしたいと考えています。人間関係が最初にあってそのあとビジネスに進んでいくというのがまっとうな様な気がします。

 

BOQ:セレクトショップが現れた1970年代中ごろ、店には見たこともない服やモノが溢れていました。しかし、今や日本未上陸のブランドであってもインターネットで簡単に買えるようになり、昔に比べセレクトショップの品揃えが難しくなっているように感じます。スティーヴではどういったことを考え品揃えされているのでしょうか。

石内:確かに流通している商品量は増えましたが、以前に比べて色が薄い商品が増えたような気がします。本物が減ったといっても良いと思いますが…
大切なのは店の姿勢です。売れているものをリサーチしてそれだけを仕入ていては店の未来はありません。店が独自のスタイルや商品をお客様に提供するという姿勢がとても大切です。
スティーヴの基本的な考え方は、インポートオンリーでオリジナルはやらない。海外のメーカーから直接買い付けて、クオリティの高い「本物」を出来るだけリーズナブルなプライスで提供するというものです。
ヨーロッパでもブランドビジネスが大流行りです。ブランドのコンセプトだけ決めてデザイナーを雇い、メーカーはアイテムごとに色々なところに振る… そんな成りたちの商品は出来るだけ避けたいと考えています。できればその場所に工場があって、職人さんたちがいて、その街の匂いや空気や歴史が感じられる、そんな商品を揃えたいですね。
素材や着心地がとてもよい。デザインが素晴らしい。作り手の思いが感じられる。そんな背景のあるモノから与えられる喜びに、コーディネイトの楽しみが加わって、結果として自分がよりよく見えるようになれば、このファッションの世界はほんとうに素晴らしいものだと思います。

 

BOQ:「ファッション誌から抜け出たような格好」というのが、ほめ言葉とは限らないように、お洒落を一歩間違うと逆効果ですよね。年相応のファッションを楽しむコツを教えてください。

石内:「つかず離れず」というのが一番良いと思います。何事にもバランス感覚は大切ですが、程良い温度で着ることを楽しむ姿勢が一番だと思います。そしていくつになってもその姿勢を忘れないこと。
スタイルも雑誌のまねをするのではなく、自信を持って自分の個性を少し加わえていきましょう。そのためには気張ってオシャレをするのではなくて、ほどほどにファッションに気を使うことですね。そして信頼できるアドバイザーを一人見つけることです。
年をとればとるほどフィジカルは衰えていき、洋服にはそれをカバーするという役割があると思います。そのためにもやはり大人には品質の良い服を着て欲しいと思っています。
適度に流行を取り入れたスタンダードでハイクオリティなファッションを何気なく身につけている大人はとても魅力的に見えますよ。

 

スティーヴ店内
スティーヴ外観

Steve(スティーヴ)
東京都渋谷区渋谷2-3-6 Seikou Bld.1F
TEL.03-5467-5475 E-MAIL.steve@mh.point.ne.jp
営業時間:12:00~20:00 月曜定休
www.steve.co.jp


 

onlineshop