BOQ > FORCUS > 実は簡単!本格シューツリーの選び方

実は簡単!本格シューツリーの選び方

シューツリー特集

シューツリー選びに迷っている方に朗報です 実は簡単!本格シューツリーの選び方

「シューツリー」を検索すると実に多くの種類が出てきます。その中から自分の靴にぴったりのシューツリーを探し出すのは難しいと思っている方も多いでしょう。ところが、シューツリーメーカーが展開している形は3種類程度です。たったこれだけのバリエーションであらゆる靴に対応させようという訳ですから、汎用性を考慮したクセのないフォルムになっています。ですから、あまり神経質にならなくても大丈夫。いくつかのポイントを理解すれば、自分の靴に合うシューツリーは簡単に見つかるのです。

ポイント① つま先の形

英国靴にあうシューツリー

イギリス&アメリカ靴タイプ

イギリスとアメリカの靴はつま先の「捨て寸」といわれる靴の爪先の空間は控えめで、トゥシェイプは丸みをおびた形です。ビジネスシューズに最も多いのがこのタイプ。シューツリーも同様に丸みをおびた形になっています。堅牢なグッドイヤー製法の靴が多いため、ソールの反りを伸ばすためにテンションがかけられるシューツリーが向いています。

イタリア&フランス靴にあうシューツリー

イタリア&フランス靴タイプ

イタリアやフランスの靴はエレガントでスマート。つま先の「捨て寸」を長めにとっているのが特徴です。細身でつま先が長いため、シューツリーも細身でつま先が細くなっています。スマートで華奢な靴に向いたマッケイ製法の靴が多いため、シューツリーによる過度なテンションをかけないよう、ネジ式や少し小さめサイズのシューツリーを選びましょう。

 

ポイント② 甲の立ち上がり

 

オックスフォードのような甲がせりあがったタイプ向けのシューツリー

高いタイプ

紐で締めるタイプの靴は、指の付け根部分から土踏まずにかけて立ち上がった形になっています。シューツリーも甲部分が立ち上がったものを選びましょう。靴の甲を真横から見た時の形に近いものだとなおいいです。

ローファーのような甲が低いタイプ向けのシューツリー

低いタイプ

ローファーのように紐がないタイプの靴は甲の立ち上がりが低いので、シューツリーも同じく甲が低いものを選びましょう。アメリカの靴は紐靴であっても甲が低い靴が多く、この点がイギリスの靴と違うところです。

 

ポイント③ 靴の生産国別の傾向

実際に多くのブランドの靴にシューツリーのフィッティングを実施してみると、その国の靴作りの特徴がシューツリーのフォルムにも反映されていることが分かります。
イギリス伝統のグッドイヤー製法の靴、マッケイ製法で作られた細身で華奢なフランスやイタリアの靴。また、アメリカはイギリス同様グッドイヤー製法ですが全体が内側にひねられたようで甲の立ち上がりもゆるやかなラストの形状になっています。シューツリーも大きくはこの3種に対応する製品が作られているので、どの国の靴かで対応するシューツリーを絞り込むこともできます。なかには、フランスのJ.M.ウエストンのように、古くからあるモデルはルーツにアメリカ靴の影響を受けているという場合もありますが、ほぼこの傾向に当てはめることができるのです。
J.M.ウエストンの靴新旧モデル比較
上が1946年に誕生したJ.M.ウエストンの定番ローファー、下が2013年の最新モデル。上は英国靴向けのシューツリーが丁度いいが、つま先の捨て寸も長めで細身の下は伊・仏靴向けでないときつくて入らない。同じブランドでも背景が違うとフィッティングが大きく変わります。

 

シューツリーメーカー紹介

DASCO

ダスコ|イギリス

イギリス靴の総本山であるノーザンプトンの高級靴メーカーの木型と純正シューツリーを手がけるメーカーがダスコ。シューツリーを供給しているメーカーに、エドワード・グリーン、チャーチ、クロケット&ジョーンズ、ジョン・ロブ ロンドンといった名立たる老舗が名を連ねていることからも、製品のクオリティの高さが伺えます。詳しくはこちら→

ダスコシューツリー

LA CORDONNERIE ANGLAISE

コルドヌリ・アングレーズ|フランス

1885年にパリで創業した木型(靴製造用および保管用シューツリー)の専業メーカーがコルドヌリ・アングレーズ。伝統的技法と卓越したノウハウで世界中の高級靴メーカーのOEMも手掛けており、シューツリーの品質の高さ、デザイン、耐久性、機能性はプロフェッショナル仕様として靴愛好家に支持されています。詳しくはこちら→

コルドヌリ・アングレーズシューツリー

 

SARTO RECAMIER

サルトレカミエ|日本

多彩なシューケア用品の輸入・企画・販売を手掛けるR&Dが1975年創業以来培ってきたノウハウと開発力を駆使して2012年秋に立ち上げたブランド。本格シューツリーを、日本の靴はもちろん、日本人のサイジングにあわせて展開されるインポート靴にフィットするよう企画開発し、リーズナブルな価格で提供した注目のブランドです。詳しくはこちら→

サルトレカミエシューツリー

WOODLORE

ウッドロア|アメリカ

アメリカの高級紳士靴メーカー、アレン・エドモンズの子会社として1987年に創業。アレン・エドモンズの純正シューツリーの製造でその技術力の高さを業界内に印象付け、現在はアメリカをはじめ、イタリアの一流シューズブランドの純正シューツリーの生産も手がけています。上質なイースタンレッドシダーを用いた製品作りが特長です。詳しくはこちら→

ウッドロアシューツリー

2013.11.01 UPDATE

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS