BOQ > 特集 > 靴の美しいフォルム&履き心地を確実キープするシューツリーの傑作

靴の美しいフォルム&履き心地を確実キープするシューツリーの傑作

2013年6月10日
ball1
サルトレカミエのメイド・イン・ジャパンにこだわった最高級ライン「サルトレカミエ×中田ラスト」を製作する中田靴木型製作所内。手前は粗削りされたシューツリーで奥が加工前の西洋シデの原木。
 
ball1
 
多彩なシューケア用品の輸入・企画・販売を手がけるR&Dが1975年の創業以来、培ってきたノウハウと開発力を駆使して2012年秋に立ち上げた「サルトレカミエ」は今、最も注目したいシューツリー・ブランドです。その製品は、いずれも靴の形状を保持・補正するというシューツリー第一の役割を最大限に発揮する機能自慢。これに厳選された素材、広いサイズレンジ、買いやすい価格なども加わって、早くも靴通たちの心をとらえています。それでは、それぞれ特徴ある4型のラインナップを見てみましょう。
SR100シリーズ
英国靴などさまざまな靴に使えるスタンダードモデル
甲の稜線は比較的緩斜で、甲幅は標準~やや広めの、汎用性の高いスタンダードタイプですが、ことにグッドイヤーウェルト製法の英国タイプの靴などに最適です。ツインチューブ&バネ式。全8サイズ(23.0~30.0cm)。
SR100BH / 吸湿性に優れ、変色しにくいバーチ(樺)製。5,775円。
SR100EX / ひび割れなどのトラブルが少ない高耐久性のブナ材を使用。6,825円。
sr100
SR100BH

バーチ(樺)材のSR100BH

SR100EX

ブナ材のSR100EX

sr100

美しい丸みをもって削り出された立体的なヒールまわり。

sheaffer

チューブ内のスプリングが靴を前後に確実に押し伸ばす。

sheaffer

フロント部にうがたれた通気孔が靴内の湿気放出に貢献。

sheaffer

サイドスプリット付きのフロントは標準~やや広めの甲幅。

SR200シリーズ
イタリア靴などモダンスタイルの靴にはコチラです
甲幅がやや細め~標準の靴に対応します。トウのスプリングが高く跳ね上がり、そこから履き口に向かう稜線がやや険しい、立体感に富んだ形状。イタリア系などモダンな靴によく合うほか、チャッカブーツにもお薦めです。ツインチューブ&バネ式。全8サイズ(23.0~30.0cm)。
SR200BH / 変色しにくいバーチ(樺)製。5,775円。
SR200EX / 耐久性に優れたブナ材製。6,825円。
sr100
SR100BH

バーチ(樺)材のSR200BH

SR100EX

ブナ材のSR200EX

sr100

ヒールまわりは内側に傾斜したコンフォタブルな形状。

sheaffer

チューブ内のスプリングが靴を前後に確実に押し伸ばす。

sheaffer

フロント部にうがたれた通気孔が靴内の湿気放出に貢献。

sheaffer

立体的に設計されたフロント部。サイドスプリットも装備。

SR300シリーズ
ネジ操作でテンションが微調整可能な万能モデル
甲の幅&高さがしっかりとられたベーシックな形状です。しかもネジ操作でジャストサイズに調整可能なスライド式なので、多くの靴に使用可能。なかでもアメリカ靴や国産の靴と相性絶妙です。全8サイズ(23.0~30.0cm)。
SR300BH / 吸湿性に優れ、変色しにくいバーチ(樺)製。6,300円。
SR300EX / ひび割れや湿気による変形が少なく安定度の高い、高耐久性のブナ材製。7,350円。
SR300
SR300BH

バーチ(樺)材のSR300BH

SR300EX

ブナ材のSR300EX

sr100

内側に傾斜したヒールまわり。丸みに富む形状が美しい。

sheaffer

抜き取る際、靴に余分な負荷をかけないネジ調整タイプ。

sheaffer

フロント部にうがたれた通気孔が靴内の湿気放出に貢献。

sheaffer

幅&高さが十分とられたフロント部。サイドスプリット付き。

SARTO RECAMIER×NAKADA LAST サルトレカミエ×中田ラスト
老舗ラストメーカーとのコラボで誕生した至高のシューツリー
中田靴木型製作所(東京・葛飾)との協業より開発されたサルトレカミエのトップグレードで、約1年を費やして繰り返し試作を重ね、完成した新作。ほとんどの靴に合う万能タイプで、甲アウトサイドを絶妙な高さにし、その部分の革が浮き上がるなどの“遊び”ができない形状を編み出しました。また、同製作所が木型製作で培った高い技術を駆使し、ヒールまわりを絞り込んだ形状に。これにより、履き口が横拡がりになるのを防ぎ、常に快適な履き心地を保ちます。素材は高級木型にも使われるカナダ産西洋シデ。硬質で、気温や湿気で変形やひび割れが起きにくく、固体差が少ない高級木材です。また、テンションの微調整が可能で、靴からの取り出しがスムーズなネジ付きスライド式メタルパーツは、取手とともに、金型から起こした完全オリジナル。しかも無垢の真鍮(蝶番など一部スチール製)を3回にわたり研磨することで、大変美しい仕上がりに。高価ながら、見た目でも使い勝手でも満足のいく逸品です。サイズは6~8 1/2(23.0~30.0cm)。29,400円。
nakada
SR300BH

シューツリーにおいて、このようにヒールを絞り込んだ形状にするには、削り出しの高い技術力が求められる。

SR300EX

幅や高さ、傾斜角など、フロント部を適切かつ複雑な立体的な形状にすることで、さまざまな靴に万能フィット。

sr100

クラシカルな真鍮ムク製のオリジナルハードウェアは、ペーパー3度がけを施すことで美しい仕上がりに。

sheaffer

フロント部にうがたれた通気孔が靴内の湿気放出に貢献。穴の中までなめらかな美しい仕上がりに。

sheaffer

中底のコンディション保持に貢献するボトム部も、その形状を徹底的に突き詰め、仕上げにおいても怠りない。

sheaffer

人の足形と靴の形状を知り尽くしたベテランの木型職人が「中田ラスト×サルトレカミエ」のシューツリーを仕上げている。

 

日本ベッド
ストックルームに保管・管理されている木型は膨大。写真はその一部だが、それでもその数に圧倒される。
日本ベッド
サルトレカミエ×中田ラストの生みの親であるアールアンドデー社代表、静 孝一郎さん(左)と中田靴木型製作所 常務取締役 中田博健さん(右)。

 

日本ベッド
右が木型に使われる高級木材の西洋シデの原木。左にいくにしたがい製作工程が進み、完成品(左)に至る。
日本ベッド
原木から粗削りされた状態からコンピュータ制御によって製品の形に削られる。この後つま先と踵部を手作業により仕上げる。

 

日本ベッド
最後はこのように手作業でバフ研磨され、滑らかに美しく仕上げられる
日本ベッド
微調整をかさねて完成した元型。

お問合せ:R&D TEL.03-3847-2255 オフィシャルサイト:www.randd.co.jp

ec_link

文:山田 純貴 写真:猪又 直之、新城 孝


 

onlineshop