BOQ > 特集 > 一生使える大人アイテム 最高の筆記具を選ぶ

一生使える大人アイテム 最高の筆記具を選ぶ

2013年4月2日

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

お気に入りの1本を見つける!知っておくべきブランド32

ACME

アクメ

 

1985年にロスアンジェルスに設立され、現在ハワイ・マウイ島を拠点として世界53カ国で展開するステーショナリーブランド。なかでも80種類以上にもおよぶ個性豊かなローラーボールはもっとも人気の高いシリーズ。“高級筆記具=ベーシック”という概念を打ち破った斬新なデザインは、150名以上におよぶ世界的に著名な建築家や芸術家とのコラボレーションによって生みだされている。

p1
  • ローラーボールペン フランク・ロイド・ライト
  • 問:ACME新丸ビル店 TEL.03-3287-2831

ALFRED DUNHILL

アルフレッド ダンヒル

 

アルフレッド・ダンヒルは1893年、イギリス・ロンドンでカーアクセサリーの専門ブランドとして創業。現在はメンズウェアからバッグ、アクセサリーをはじめ、ペン、時計、ライターなど様々なコレクションを有するメンズ・ラグジュアリー・ブランドとして展開している。筆記具においては1930年代より、日本の並木製作所と提携し「ダンヒル ナミキ」ブランドで蒔絵万年筆を欧米にひろめたことでも有名。

p2
  • センチュリーマン アリゲーター 万年筆
  • センチュリーマン ブラックレジン ボールペン
  • 問:ダンヒル/リシュモン ジャパン TEL03-4335-1755

AURORA

アウロラ

 

1919年にイタリア北部のトリノに設立されたイタリア最初の筆記具メーカー。常に機能とデザインの調和を追及し、ペン先からボディに至るまですべて自社工場で生産している。1930年代の「オプティマ」、1940年代の「88」、1970年代の「アス ティル」「テッシー」は後のペンのデザインに影響を与えたとも言われ、特にアスティルとテッシーは筆記具として世界で初めてニュー ヨーク近代美術館(MOMA)に永久展示保存されている。

p3
  • オプティマ バーガンディ 996-CX 万年筆
  • 問:町山 TEL.03-3831-5888

CARAN d’ACHE

カランダッシュ

 

1915年創業のスイス・ジュネーブにある鉛筆工場を1924年にアーノルド・シュバイツァーが買収し再スタート。社名のカランダッシュは当時活躍していた風刺画家のペンネームをとったもので、ロシア語の「鉛筆」を意味する。1925年には、自動給芯機構を持つ世界初の完全金属製メカニカルペンシル「フィックスペン」を開発し、特許を取得。1929年発表の「エクリドール」をはじめ、高級素材を用いた「バリアス」など六角の意匠を持つブランド。

p4
  • バリアス アイバンホー シルバー 万年筆
  • バリアス アイバンホー シルバー ボールペン
  • 問:カランダッシュ ジャパン TEL.03-6804-3201

Conway Stewart

コンウェー・スチュワート

 

1905年、トミー・ガーナとフランク・ジャーヴィスがイギリス・ロンドンで創業した筆記具メーカー。鮮やかな色使いのディンキーペンは人気を博し、同社の名を一躍広める名作となったが、万年筆の開発にこだわり続けて一時工場を閉鎖。万年筆マニアであったDon Yendle氏がコンウェイ・スチュアートを復活させたのは1998年。同社の幻のコレクションといわれたカゼイン(牛乳のプロテインが基礎成分)を使ったモデルも蘇った。

p5
  • チャーチル ブラウンホワール 万年筆
  • 問:ニチユー TEL.03-3843-6431

CROSS

クロス

 

1846年創業のアメリカの高級筆記具ブランド「クロス」。創業者のアロンゾ・タウンゼント・クロスはシャープペンシルの先駆けとなった「繰り出し式ペンシル」や、ボールペンの原型となった「スタイログラフィックペン」を発明。筆記具のデザイン、機能の分野で26以上の特許を取得し、当時の筆記具に大きな影響を与えた。創業100周年の1946年に発表した「センチュリーライン」は円錐台のキャップトップが象徴的なクロスの代表モデル。

p6
  • クラシック センチュリー 18金ムク ボールペン
  • クラシック センチュリー スターリングシルバー ボールペン
  • 問:クロス・オブ・ジャパン TEL.03-6435-1335

DELTA

デルタ

 

デルタは1982年、南イタリア・パレーテで創設された高級筆記具ブランド。サイドレバー使用のインク吸入システム、洋服のポケットを傷めないローリングウィール(車輪)クリップなど独自開発システムにくわえ、金や銀、セルロイド、特殊レジンなど素材にこだわったアルチザン(伝統職人)による最高水準の筆記具づくりが優れた評価を得ている。毎年発表される限定アイテム「少数民族シリーズ」は、世界中の先住民族の歴史や伝統を伝える装飾やカラーリングが施され世界中のコレクターから注目を集めている。

p7
  • ドルチェビータ ミディアム オリジナル 万年筆
  • 少数民族シリーズ カナカマオリ 1KS 万年筆
  • 問:ダイヤモンド TEL.06-6262-0061

fisher

フィッシャー

 

フィッシャー社が巨費を投じて開発したスペースペンは、アポロ11号の月面着陸をはじめ数々のスペースミッションに参加し、現在もNASAすべての宇宙飛行士が実際に使用していることで有名。内部に封入された窒素ガスの圧力でインクがボールペン先ヘと移っていくため、逆さや無重力状態、水中、極度の暑さ寒さのなかでもスムーズに書くことができ、インクの乾燥もなく100年以上保管できる。さらに写真など艶のある面や油性面にも書けるオールマイティー性が特長。

p8
  • アストロノート AG-7 ボールペン
  • ブレット SH-600 スペースシャトル ボールペン
  • 問:ダイヤモンド TEL.06-6262-0061

GRAF VON FABER-CASTELL

ファーバーカステル伯爵コレクション

 

1761年に設立された「ファーバーカステル」は、鉛筆の芯硬度、六角形の基準を開発したことで有名な筆記具・画材ブランド。「ファーバーカステル伯爵コレクション」は、その最高級ラインとして展開され各モデルにファーバーカステル家の紋章が刻印されている。エクステンダーにシャープナーが内蔵された「パーフェクトペンシル」は、「書く」「消す」「削る」の3機能を1本にまとめた最高級の鉛筆として知られている。

p9
  • パーフェクトペンシル プラチナコーティング ブラウン
  • 問:DKSHジャパン カスタマーサービス TEL.03-5441-4515

Jean Pierre Lapine

ジャン・ピエール・レピーヌ

 

ジャン・ピエール・レピーヌは、スイス-フランス間の国境に位置するジュラ渓谷のフランス側の麓に位置するサン・リュピサンに工房を持つ筆記具ブランド。機械式時計で有名なジュラ地方が誇るアルチザン (伝統職人) の技術と、フランスらしいエスプリの効いたデザインがジャン・ピエール・レピーヌの持ち味。2003年7月のフランス・エビアンサミットではフランスを代表するペンとして各国首脳に贈られている。

p10
  • ココロボツイストメタル ボールペン
  • ペパーミント・レッド ボールペン
  • 問:ダイヤモンド TEL.06-6262-0061

KAWECO

カヴェコ

 

1883年にドイツ・ハイデルベルグで創業。1909年に画期的な技術を用いた安全繰り出し式のセーフティ万年筆を発売したことで知られている。1930年代に発表のカヴェコ・スポーツはクラシックなイメージに機能性と携帯性を備えた製品で、1972年のミュンヘン・オリンピックの公式ペンとしても認定された。1976年に一旦会社は幕を閉じ、1995年にドイツ・ニュールンベルグのグッドバレット社が引き継ぎ、現在は当時の面影を残した数多くのペンが復刻されている。

p11
  • クラシック スポーツ ブラック 万年筆
  • クラシック スポーツ ブラック ボールペン
  • 問:町山 TEL.03-3831-5888

LAMY

ラミー

 

1930年、ドイツ・ハイデルベルクで創業。“機能によってかたち作られるデザイン”というバウハウスのコンセプトのもとに1966年に発表したボールペン「LAMY2000」は、当時の機能中心であった筆記具界に新たな潮流を巻き起こした。以降すべての商品開発にこのコンセプトが活かされている。さまざまな分野のデザイナーとのコラボレーションから生まれるユニークな造形美が魅力。

p12
  • ラミー2000 万年筆
  • 問:DKSHジャパン カスタマーサービス TEL.03-5441-4515

Lecife

レシーフ

 

レシーフは1987年に2人のフランス人デザイナーによって生み出された筆記具ブランド。アンディ・ウォーホルの作品をモチーフにしたり、葉巻用アルミケースを素材に取り入れたりと、文字を書くという実用性とは一線を画したファッ ション的志向を取り入れた斬新でユニークな作品が脚光をあびています。パリ郊外の森の中にある工場で熟練した職人により手作業で製作され、ふたつとして同じ模様がないマーブル模様が人気を集めている。

p13
  • レジンコレクション レポーター2 ボールペン ゴールド
  • パールオーガナイザー ボールペン バイオレット
  • 問:銀座吉田 TEL.03-3561-0738

MARLEN

マーレン

 

1982年、マリオ・エスポジットとアントニオ・エスポジットの兄弟によってイタリア・ナポリ南部のアルビノに設立された筆記具メーカー。筆記具としての機能性に加え、見た目の美しさ、使う楽しさを与えてくれる商品開発をブランド理念としている。セルロイド・エボナイトアクリルレジンとシルバーを主な素材に使用し、熟練職人がオールハンドメイドで作り上げた個性的な筆記具がラインナップしている。

  • 問:日本万年筆 TEL.03-3388-8611

MONTBLANC

モンブラン

 

1906年に3人のビジネスマンによって設立されたシンプロフィラーペン カンパニーがモンブランの始まり。インク容器を一体化したペン開発を進め、1909年にブランドのシンボル「ホワイトスター」のルーツとなるキャップのトップが白い「モンブラン」を発表。1924年に発表した「マイスターシュテュック」は、現在もブランドの哲学を象徴するフラッグシップモデルとして継承されている。現在では本格的機械式腕時計ブランドとしても台頭。レザーやジュエリーなども包括するラグジュアリーブランドとして世界中で展開している。

p14
  • マイスターシュテュック 149
  • 問:モンブラン銀座本店 TEL.03-5568-8881

Montegrappa

モンテグラッパ

 

1912年、イタリア・ベネト州バッサノ・デル・グラッパに創業した筆記具メーカー。スターリングシルバーを使った芸術性の高い筆記具を手掛けていたが、1930年代にセルロイドを使ったシンプルで多様な色使いのペンを発表し好評を得た。現在は洗練されたフォルムと透明感ある鮮やかな色彩で作るシンプルなレギュラーコレクションと、熟練職人の技法を駆使して作られる装飾性が高いラグジュアリーなコレクションを毎年発表している。

p15
  • エンブレマ パールグレー 万年筆
  • 問:日本万年筆 TEL.03-3388-8611

MONTEVERDE

モンテベルデ

 

アメリカ・カリフォルニアに本拠地を置くステーショナリーメーカーであり、ヨーロッパの高級筆記具の輸入代理店でもあるYAFA PEN COMPANYが手掛けるブランド。「世代、性別、国籍を超えた全ての人々に使っていただける筆記具」の製品化を目指し、最新のインク技術とこだわりの素材を用いて、実用品としてもアクセサリーとしても愛用できるヨーロッパスタイルのエレガントでハイクオリティなペンを、リーズナブルな価格で展開している。

p30
  • プリマ ターコイズ ボールペン
  • インティマ トロピカルタン ボールペン
  • 問:ダイヤモンド TEL.06-6262-0061

OMAS

オマス

 

1925年、アルモンド・シモーニがイタリア・ボローニャに万年筆作りの工房を設立したのがはじまり。万年筆のボディに体温計を組み込んだ医師向けの筆記具「ドクターズペン」、ペン先が2つある万年筆や透き通る美しさを楽しむ透明のインクホルダーシリーズを開発するなど’20~’30年代に独創的なモデルを数多く送り出した。こうした功績によってイタリア王室騎士勲章を授かったことでも有名。現在も最新技術を用いながら職人の手作りにこだわる筆記具を世に送り出している。

p16
  • アルテイタリアーナ ミロード 万年筆
  • アルテイタリアーナ ミロード ボールペン
  • 問:インターコンチネンタル商事 TEL.03-6230-2577

Otto Hutt

オットー・フット

 

18世紀の中頃から“宝飾品の町“として発展したドイツ・フォルツハイムで、1920年に設立された金属製の高級喫煙具メーカーがオットーフットの始まり。後に筆記具を手がけるようになり、1995年にEtra Weberと社名変更してシルバー筆記具の専門メーカーへ転身。バウハウスの影響を受けたデザインと、熟練職人の伝統技法による丹念な仕上げで高品質な製品を作り続けている。2010年から純銀製のペンが日本での展開をスタートした。

p17
  • カラーシリーズ ピンストライプ 万年筆
  • カラーシリーズ ピンストライプ ボールペン
  • 問:銀座吉田 TEL.03-3561-0738

PARKER

パーカー

 

1888年にインクのトラブルを無くした万年筆「ラッキー・カーブ・ペン」を販売したことがパーカーの始まり。最新の技術、美しいスタイリング、使いやすさ、耐久性などで高い評価を獲得していった。中でも1921年に発表した「デュオフィールド オレンジ」は、万年筆にオレンジ色のカラーとアールデコ調のデザインを採用したセンセーショナルなモデルとして注目され、ブッシュ、エリツィンの両大統領が軍縮会議の際に使用したことで「平和のためのペン」とも呼ばれた。

p18
  • デュオフォールド ブラックGT センテニアル万年筆
  • インジェニュイティ ブラックラバー&メタルGT 5th
  • 問:ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン TEL.0120-673-152

Pelikan

ペリカン

 

1832年、宮廷画家を父に持ち科学者であったカール・ホーネマンがドイツで絵の具の生産を開始したのが始まり。ギュンター・ワーグナーが経営に参加し、1878年に製品の品質保証のためワーグナー家の家紋でもあったペリカン鳥をモチーフとした商標を登録するなどヨーロッパでのインクメーカーとしての地位を固めた。1929年に筆記具の製造に着手し、モデル100型を発表。そのとき開発されたピストンノブのメカニズム部分の誤差は、わずか100分の1ミリ。その精密さは当時のヨーロッパ技術の中でも群を抜いていたといえる。

p19
  • スーベレーン M400 万年筆
  • 問:ペリカン日本 TEL.03-3836-6541

PILOT

パイロット

 

1918年、東京高等商船学校出身で同校教授であった並木良輔が万年筆用金ペンの製作に成功し、同窓の和田正雄の協力を得て万年筆製造販売会社「並木製作所」を設立。日本の伝統工芸の蒔絵を施した蒔絵万年筆が高い評価を得て、1930年代に英国ダンヒル社と提携し「ダンヒルナミキ」ブランドを欧米に輸出していたことでも有名。1938年に「パイロット萬年筆」と社名変更。現在は筆記具・文具メーカー「パイロットコーポレーション」として展開している。

p20
  • カスタム845
  • 問:パイロットコーポレーション TEL03-3538-3700

PLATINUM

プラチナ

 

1919年に岡山県で輸入万年筆の販売を営んでいた中田俊一が、美しい文字を書くことを第一に考えたモノ作りを目指し、東京の上野で中屋製作所を創業したのが始まり。カートリッジインク方式の万年筆を初めて実用化し、1978年には作家の梅田晴夫氏と完成させた理想の万年筆「#3776」を発表。2011年には全面改良しインクの乾燥を防ぐ「スリップシール機構」を搭載させるなど、歴史と共に積み重ねた技術と先進性を兼ね備えた製品を発表している。

p21
  • #3776センチュリー 万年筆 ブラック イン ブラック
  • #3776セルロイド ボールペン ミッドナイトオーシャン
  • 問:プラチナお客様相談係 0120-875-760

PORSCHE DESIGN

ポルシェ・デザイン

 

ドイツを代表する高級スポーツカーメーカー、ポルシェ社の創業者の孫で、ポルシェ911の設計デザインを手掛けたフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェが、1972年に独シュツットガルトにプロダクトデザインを手掛ける「ポルシェデザインスタジオ」を設立。発表される数々のプロダクト製品は高い評価を受け、世界有数のプロダクトデザイナーグループとして地位を確立。そのデザインコンセプトを体現した筆記具コレクションは最上の書き心地と印象的な外観が魅力。

p22
  • テックフレックス P’3110 万年筆
  • テックフレックス P’3110 ボールペン
  • 問:ペリカン日本 TEL.03-3836-6541

rotring

ロットリング

 

1928年にドイツで創業。「ティンテンクリ」と名付けられた万年筆の考案から始まり、その技術を応用した製図ペンによってブランドの名を一躍有名にした。「正確な線こそ美しい線」という物作りに対する情熱から生まれる製品は、建築家やデザイナーなどのプロが認める高い品質レベルと信頼性、また実用的で無駄のないデザインが特長。

p23
  • (写真上から)ロットリング800、ロットリング600、ロットリング500、ロットリング300
  • 問:ホルベイン画材株式会社 TEL.06-6763-1521

S.T. Dupont

エス・テー・デュポン

 

1872年にトラベルケース・メーカーとして創業し、2012年に140周年を迎えたフランスのラグジュアリーメゾン。“完成されたオブジェ”と讃えられるデュポンのライターを発表したのは1941年。1973年にボールペンを発表し、1989年にはブランドが誇る金銀細工技術を生かした高級アクセサリーを発表して現在のコレクションが完結した。熟練した職人たちの手でつくられる製品は、その質の高さで知られ、多くのセレブリティをはじめとする世界中の人に愛用されている。

p24
  • エリゼ プレミアム マザー・オブ・パール&パラディウム
  • エリゼ プレミアム ブラックアリゲーター&パラディウム
  • 問:エス・テー・デュポン 銀座ブティック TEL.03-3575-0460

SAILOR

セーラー

 

1911年、 阪田久五郎が広島の呉市で創業。海軍港に近かったことが「セーラー」の名前の由来。次々と時代に即した商品を発表し、現在は総合筆記具、文具メーカーとして地位を確立している。その一方で、伝統の職人技を継承するため、日本語独特のトメ、ハネ、ハライを美しく表現できるペン先の研究開発に情熱を注いでいる。代表作「プロフィット21」は、独自の技術とノウハウでセーラーだけが誇れる21金のペン先を備えている。

p25
  • プロフィット21 万年筆
  • 問:セーラー ユーザーサービス TEL.0120-191167

SHEAFFER

シェーファー

 

1913年にアメリカ・アイオワ州フォートマディソンでウォルター・A・シェ-ファーが「W.A.シェーファー・ペン・カンパニー」を設立した始まり。構造上の故障を永久保証する「ライフタイムペン」をはじめ画期的な機能の万年筆を発表。さらに人間工学的なデザインとエレガントで無駄のない独自のスタイルのペンを発表し続け高級筆記具メーカーとしての地位を確立した。ブランドの品質の証「ホワイトドット」のマークは現在も全製品に施されている。

p26
  • ヴイエルアール ゴールドトリム 万年筆
  • ヴイエルアール ゴールドトリム ボールペン
  • 問:BICジャパン TEL.03-5542-8030

STIPULA

スティピュラ

 

1973 年、レンゾ・サルバドーリがフィレンツェに創業したスティピュラ。イタリア国内外のファッションブランド向けに高級アクセサリーのデザインと製造を手掛けながら得たノウハウとアルチザン(伝統職人)の技術力を活かし、1991年に本格的に筆記具メーカーへと転身。フィレンツェの伝統的手法と厳選した素材を用い、職人が1本1本丹念に仕上げていくスティピュラの筆記具はコレクターにもトップクラスの品質と認められている。

p27
  • モナリザ フォッコレッド
  • 問:ダイヤモンド TEL.06-6262-0061

VISCONTI

ビスコンティ

 

1920~1950年代の万年筆黄金時代の再現をめざし、1988年に万年筆収集家ダンテ・デル・ベッキオが創業したイタリアの筆記具ブランド。デザインを復活するだけでなく、30年代のセルロイドなど現代では使われない古い素材の生産から始まり、伝統的手法や新しい技法を取り入れながら、妥協を許さぬ製品開発を重ねている。

p28
  • ディヴィーナ ブラック 万年筆
  • 問:日本万年筆 TEL.03-3388-8611

WATERMAN

ウォーターマン

 

1883年、「万年筆の父」と称されるルイス・エドソン・ウォーターマンによって設立されたフランスの高級筆記具ブランド。世界で初めて毛細管現象を応用した万年筆やインクカートリッジ、クリップなどの画期的な発明を行う。高い金属加工技術とパリの洗礼されたデザインで“ライティング・ジュエリー(宝石のような筆記具)”と称され、代表的なモデルに海面を滑りゆく船先をイメージしてデザインされた「カレン」がある。2013年の今年、設立130年を迎える。

p29
  • カレン・デラックス コンテンポラリー ホワイトST 万年筆
  • カレン・デラックス コンテンポラリー ブラックST ボールペン
  • 問:ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン TEL.0120-673-152

YARD・O・LED

ヤード・オ・レッド

 

1822年、サンプソン・モーダンがイギリスで設立した銀細工の筆記具メーカー。1934年に開発された繰り出し式ペンシルが、3インチの長さの芯を12本(あわせると約1ヤードの長さの芯になる)収納できることから “1ヤードの芯”という意味のブランド名称になった。使用される素材はすべてスターリングシルバーで、ボディには手彫り装飾が施された伝統技術を感じる佇まいが魅力。

  • 問:日本万年筆 TEL.03-3388-8611

ページ: 1 2 3 4 5 6 7


 

onlineshop